地球アニメーション連合最高評議会

当ブログは短文サービスでは不可能な描写がありますのでご注意下さい

作品のユーザーとしての節度を考える

https://twitter.com/takotakoHM/status/1136268622500749314?s=19

この上記リンクのアホは何を言ってるのだろうか?

買い占め行為をしてる奴を擁護して
節度を守る他のファンを馬鹿にする様な事まで書いてるし。

こんなことしてるからヤマカンごときに「いい年してアニメ見てるヲタは…」とかどやされるんだよ!
いいやヌケいちさんの言ってる通りサブカル産業が生んだ産業廃棄物と言ってもおかしないだろ、あのアカウントと買い占めした奴は。

俺はガルパン一番くじクリアファイルでボーイッシュな私服の秋山殿を欲しがってたが一回のくじで止めることにした
予算だけでなく数年前にイキリガルパン厨まがいの発言してた責任があるからな。

その発言はツタヤ向けの嘆願書で2013年頃に行った。 当時はPPTシステムとはなにかを知らなかった。
イキリ発言のきっかけはガルパンレンタル円盤が俺の行き付けの店に未だに入らなくて不満がたまってた

その一方でめだかボックスアニメ版が通常通りに入荷され続けることに「どんな判断だ予算を…」なんて思い、
めだかが本来想定してた客層はワンピ~リボーン辺りの近年のジャンプ世代や
腐女子、萌えヲタだったが
結局12春の購買タイプ腐は黒子に萌はニャル子に男女両受け標榜イニシアティブは氷菓に、
同年秋だと腐はマギや銀魂'延長戦などに、萌は中二病リトバスガルパンに金を落とす結果となった
本当はアニメ化前~アニメ二期途中は俺はめだかを庇うサイドだった

きっかけは2ちゃん週間漫画板のめだかスレに嫌がらせ投稿連発してる名前や◆毎回変える粘着のやってることが許せなかったからだ

でもまとめサイトの売上論に影響されてめだか入荷続ける事がレンタル屋の金ドブだと思い込むようになり作品への嫌悪が徐々に植え付けられて行った。

もうひとつ通常通りに嫌悪対象にしてた作品があった。
幻影ヲ駆ケル太陽(13夏)だ。
あまりも陰惨な回が多くて入荷慎重論の意見を出してた。
当時はシリアス担当は二期控えてたヴァルヴレイヴやマギ、2クール目放送中の進撃・ヤマトで十分だと思い
ダンガンロンパにも慎重論を掲げてた
だがアニプレはツタヤに責任なすり付けるかの様に演出し、幻影ヲ駆ケル太陽を通常入荷強硬した…。

今思ってもマギ・ヴヴヴ・ダンガン・ヤマト・進撃で13夏のシリアス担当は間に合ってたレベルだったよ?
そんなにシリアス充実してるならきんいろモザイク一期でバランス取るとかしなかったのかよ映像ソフト業界は!?


でイキリ思考になったのが13年末。
ようやく行き付けの店にガルパン入荷した。
そして今まで溜まった怒りが爆発、
全世界の経済や思想、規範をガルパン中心にして世の中を平定すべきみたいなのに近いものに作品への思いを肥大化させてしまった。

作品への思いを肥大化させるタイプのイキリ思考はWORKING!!シリーズの入荷遅れた件への怒りを抱いたときにもあった。

たつき降板~19年版アニメPV公開後~19年版開始前のけもフレの時も
「全世界の経済や思想、規範をけもフレ中心に、地球の星名を惑星ジャパリパークに、星歌をようこそジャパリパークへにするべきだ」みたいな考えを捨てきれなかったがその考えはイエイヌショックで崩れ去った…

で現在
世界の経済・思想・規範をきらら等難民キャンプ系中心にして
その一方でホスト顔の長身イケメン系やBLは劣等種として粛正すべきみたいな考えに染まり始めている…
これも映像ソフト業界が17年、18年のレンタル入荷チョイスに対するアフターケアろくにしなかった上に
19冬クール組も微妙なものになってしまったからなんだ
つーか17、18レンタルチョイスのアフターケアの成分19年下半期アニメ組はあまりに少なすぎだろ
今期に仙狐さんやぼっちある一方下半期はまちカドまぞくしか難民キャンプ枠が確認されてない、事実上カタストロフ状態だろ…

だが、悪例は絶えなかった…
作品ファンとしての、サブカル界隈民としてのモラルを訴える文を激しく冷笑!
https://twitter.com/furan_129/status/1138075183317639168?s=19