きらら天文台・別館

当ブログは短文サービスでは不可能な描写がありますのでご注意下さい

ネットでの悪乗り問題を斬る!

https://twitter.com/funnycreative2/status/1143095915814641664?s=19
彼の文で指摘された通りドラゴンボールヤムチャ栽培マンの自爆で力尽きるシーンが
本来はシリアスかつ真面目なエピソードなのに
その場面をフィギュアや飲料水のおまけ、さらには
パスタの上の飾りにするということが近年行われている事を問題視すべきなのに問題視するのが少ないということだ。

で10年代のネット悪乗りといえば?
序盤での青髪ヒロイン=負けフラグというまとめサイトツイッターでのネタ、
競馬実況でのデレマスアニメ6話終盤の場面をギャグのネタにする行為、


そして鉄血のオルガ冒涜シリーズ…

以上のような悪乗りネタで喜んでる連中が2020年代にアニメ制作に関わるとどうなるのか?
下手すれば第二、第三の百錬スマホ・エガオノダイカどころではないものを誕生させる危険性が増大するんだよ?
だからネットでの悪乗りネタは自重するべきである…


でも、すでにネットでの悪乗りネタはレンタル屋の品揃えに悪影響を及ぼしてました。
映像ソフト業界やレンタルチェーン本社がすでにネットでの悪乗りネタに侵食されてるんですよ…
本来ならメイドインアビスヴァイオレット・エヴァーガーデン宇宙よりも遠い場所といった真面目に作られた作品がもっと周知され、
これら真剣モードタイプの作品の後のブレイクタイム的なポジションとしてスロウスタートのような正統派ほのぼのアニメが入るべきだったんですよ…


しかし現実はどうだ?
映像ソフト業界やレンタル大手の作品選別は腐りきっており、
それを象徴するのが
ダイナミックコード(ワースト賞が勲章となった)やスマホ太郎から始まり
百錬魔法少女 俺、BAKUMATSU、いもいも(原作絵良かったのにその良さが台無し、でネットでの悪乗りのせいでろくにリテイクされなかった)
とかネットでの悪乗りがレンタルビデオ店でも受けると思い違いするようなラインナップじゃねーか!!
こんな奴等をフィーチャーするからTVアニメのレベルが低く見られ舐められるんだよ!!
ストーリーも脚本も思想面もきちんとしたスペクタクル・人間ドラマ系と
あとはスタッフの真面目な熱意こもった難民キャンプ・癒し枠こそ深夜系の中核なんだよ、それが俺のスタンスだ。