きらら天文台・別館

当ブログは短文サービスでは不可能な描写がありますのでご注意下さい

【事実上の】私の創作の心得シリーズ 本ブログ版!【宣戦布告】

 

当記事についての注意事項

この記事には、閲覧後、納得いかない気分またはげんなりした気分になる箇所がございますのでご注意下さい。

もしそうなったとしても閲覧した側の自業自得、絶対的自己責任となります。

それでも、たとえトラウマになっても、心がすり減っても情報知りたい、先に進みたいのならどうぞ。

 

f:id:rurusasuknights:20200617004027j:image

ひなこのーと(2017年メディアファクトリーコミックキューン)のくいな(セーラー服の上にパーカー)

別館ブログの創作の心得1

別館ブログの創作の心得2


f:id:rurusasuknights:20200615194301j:image

この美術部には問題がある!」(2016年アスキーメディアワークス・TBS・キングレコード)

↑ここ近年のパターン・制服の下にパーカー

 

 

 

第1章・まずこちらの資料を。

1990年代における、服装での反骨精神パターンの一例

パターン1・登下校時に帽子を逆向きに被る

 

新装版 浪漫倶楽部 1 (BLADEコミックス)

新装版 浪漫倶楽部 1 (BLADEコミックス)

 

 

烈火の炎 (1) (小学館文庫 あJ 1)

烈火の炎 (1) (小学館文庫 あJ 1)

  • 作者:安西 信行
  • 発売日: 2010/07/15
  • メディア: 文庫
 

烈火の炎にて帽子をかぶってる場面はAmazonでは確認出来ませんでしたすみませんorz

 

パターン2・登下校時に頭にゴーグルかけてる

https://www.bookoffonline.co.jp/mbo/0015068588;jsessionid=562CEB3505EC47E422B0A3CC87D849A0.c?guid=on&getUid=1&x+xjid=562CEB3505EC47E422B0A3CC87D849A0.c&x%2Bxcookie=on

 

 

※画像出ないパターンでしたすみません。

 

パターン3。 90年代末・ヘッドホンに素肌

 

 

シャーマンキング DVD-BOX1-愛のかたちBOX-

シャーマンキング DVD-BOX1-愛のかたちBOX-

  • 発売日: 2008/08/27
  • メディア: DVD
 

 

パターン4・1990年代特撮ヒーローにて。

本作から影響受けて学生服ジャケットの下にパーカーというパターンが増えたという。

銀の匙やハイキュー、この美のルーツにもなってるとされる。

 

 

 

 

別館パート2で言った通り、1990年代に確認してきた漫画では

服装にて体制やしがらみへの反骨精神を標榜してると感じた作品が複数あったのですよ。

96年の中一コース(学研)で半年ぐらい連載されてた「本気でハッピー!」ではファッションデザイナーを母に持つ主人公の帰国子女が日本の中学校でのガチガチなバイアスを改革して

最終的にはスクールセーター等をOKにするまで導く展開描かれてたのですよ。

彼女こそ王の器!とも言えるのです…

 

第2章・疑問そしてタブーへ

最古で99年6月ぐらいから疑問に思ってたのだけど

なーんで通学靴をローファーで統一する必要あるの?大多数の学園コンテンツにて。

(恋アスアニメ版でもみらあおの通学靴が改悪されてた)

せめて男子生徒の5割強でもいいからスニーカー履かせて欲しいよ。

それだけでも1%占有者の標榜するワンネス世界を想起させるとまで言われてるのに。

 

俺が創作の心得を正式に固めるキッカケになったブログ記事のシリーズのうちのひとつ

 

ここでは名指し不可能だけど、2010年代の終わりに出た漫画で現代劇だというのに

何で主人公が時代に逆行どころかワンネスを想起させる様な没個性的なキャラなの?

作品のうち2つはTwitter上で流れてるタイトル、

一つは冬クールの角川枠でCMやってた角川系列発行の漫画です。

これらも名前出せないが主人公の男子高校生が事実上ワンネスを想起させるのだと判断したため

録画データ保存を断念したアニメが2作あります。(16・17両方の秋クール)

 

だけど、下手に批判的な論評、作品言及をした場合、クリストファー・コロンヴスの像破壊や、風と共に去りぬの配信中断みたいな、人権論の暴走問題みたいなことに繋がる可能性があるのでここまでにします。

既に世に出た作品については仕方がありません。

現行作品を執筆してる方々は勝手に、ご自由にどうぞ。としか言えません。

(歴史資料の遺失は危険)

 

第3章・この四半世紀で俺が出した結論とはどんなものなのかについて。

漫画はお偉いさんや教育ゴロの思惑のための教科書なんかではない。
中学校だってもっと自由に作った方がいいのですよ。

問題は他にもある。日本においてアメリカや中国、ロシア、フランス、イギリスだけでなく
自国のイメージすら80年代で止まっているということ。

 

 

これから男女間恋愛属性持った日常コメディや共学設定の学校舞台の百合漫画描きたいと志願する者ならどう作るべきか?


様々な資料を調べてくる、それに男性主人公or男性サブ主人公(女性メイン主人公の場合)だったら
出来るだけ登下校時スニーカー、それに制服着崩させてやれと思う。
仮に未誕の新規作品Aがジャケット下にパーカーなら、未誕の新規作品Bは帽子後ろ被りにバイク用ゴーグル、未誕Cなら冬服時制服腕まくりというように。

 

第4章・創作の方針についての発表本ブログ編

 

まず、作品は5つ構想しており、

一つは地球とマジカルワールド行き来するファンタジー系ロボットもの(本作のみ主人公とヒロインが中学生 かつ他校の生徒も登場。2部構成でやや自由に作っているのでタブー)、一つは地球から別惑星に召喚されるエピックファンタジー

一つはNL日常コメディ2つ(一つは本州舞台で映像化された場合主人公の声は女性声優想定したキャラ作りとなってる、もう一つは東北海道の道内限定ラーメンチェーンメイン舞台)、そしてラストは百合日常ハーレムモノ(本作のみ女性主人公)です。

 

5作の地球は1997年10月〜98年1月辺りに現人類史から分岐したパラレルワールドでもあり

つまり世界観を共有してるという事です。

主に教育・医療・経済関連の整備が現人類史とは異なる、

 

 

制服補足。作品によっては主人公の通う学校は、女子制服はセーラー服+カーディガン・カーディガン+Yシャツ+ネクタイ・ブレザーのいずれか、
男子制服はカーディガン+Yシャツ+ネクタイorブレザーの二択にするつもり。

 

5作共通で、手がける予定の学校それぞれ、通学靴は自由(作品によってはトバルNo.1ドラゴンボール後期を思わせる未来的ブーツを履いてるのも)、制式ジャケットの代わりにパーカー着て通うのもOKという設定も既に決めている。

 

華美な服飾で大丈夫か?という質問について。

はっきりいって

地味なものとか下手にシンプルなものとか

1%占有者に吹き込まれた詐欺思想そのものですよ。

 

つまり、「自分にとってより完全に納得いく作品を求めるのなら

自給自足」だということが今回の記事のテーマなのです。

 

 

 

資料・ゼロ年代ラスト以降における登下校時にパーカー着てるキャラが出てくる作品のうちの一つ

ふらいんぐうぃっち コンパクト Blu-ray BOX
 

 

漫画家グループのリーダー格・つっきーは登下校時に青のウインドブレーカー着ている。

 

 

猫耳帽子(ゆき)、しましまのグローブ(くるみ)

 

 

そしてひなこのーと